静岡新聞は2020年3月17日付の記事で、製茶大手のハラダ製茶株式会社(静岡県島田市)が「青森県で地元業者と組み、複数の葬儀場を運営する準備を進めている」と報じた。

ハラダ製茶は、1998年に茨城JAブランドで葬儀関連事業に参入。2002年、大阪にハラダ協同サービス株式会社を設立したのを皮切りに愛媛、岡山、広島に営業所を置くなど西日本エリアへも進出した。2019年9月には埼玉県の葬儀場を買収し、規模拡大を進める。2018年12月期のグループ売上高約380億円のうち、葬祭関連事業が約50億円を占めるとのこと。

▼記事詳細は下記リンクを参照
ハラダ製茶「葬祭」強化 事業多角化へ買収加速
https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/747395.html

▼関連記事

葬祭業界で働きたいあなたへ
葬祭業界で働きたいあなたへ

This article is a sponsored article by
''.