日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜信行氏、証券コード:6025)は、株式会社ユニクエスト(本社:大阪府大阪市、代表取締役:重野心平氏)と業務提携を行い、2019年10月1日より、ユニクエストが提供する葬儀関連利用者に、同社のデジタル遺品サービスを告知していくことを発表した。

画像: 日本PCサービスとデジタル遺品サービスで業務提携/株式会社ユニクエスト

背景

日本PCサービスは独立系の企業として、パソコンやスマートフォンなどの設定やトラブル解決を、日本全国・年中無休で行っている。年間14万件以上のトラブルを解決し、有料訪問サポート業者の中ではシェアNo.1を誇っている。(※1)

昨今、幅広い年代でデジタル機器が利用される中、「故人の写真データを取り出したい」「パソコンを初期化して再利用したい」など、いわゆる「デジタル遺品」に対する要望が増えている。2018年度は年間355件の相談が寄せられ、その数は毎年拡大している。

一方、このたび提携するユニクエストは、インターネットで全国の葬儀を依頼できる「小さなお葬式」を全国で提供。料金体系がわかりやすいセットプランが顧客から支持され、葬儀実績累計15万件以上、2年連続で葬儀受注件数No.1を獲得している。(※2)

共に大阪本社でありながら、全国で対応するNo.1のサービスを持つ両社が組むことで、遺族へのよりよい良いサービス提供を目指す。また顧客層および、業績拡大も狙う。

※1…2019年4月結果(調査実査委託先:楽天インサイト)
※2…2018年2月結果 TPCマーケティングリサーチ調べ

日本PCサービス株式会社 執行役員・営業部長 瀧本拓也氏 より

当社では約3年前にデジタル遺品サポートサービスをスタートし、相談件数は年々増加しております。一方で、デジタル遺品サポートサービスの認知度がまだまだ低い状況も事実です。この度、累計15万件以上の葬儀実績を持つユニクエストとの業務提携により、故人のデジタル機器に関するニーズを引き出し「デジタル遺品」の認知度向上にもつながることを期待しております。

株式会社ユニクエスト 取締役 八田知巳氏 より

小さなお葬式はサービス開始以来、10年で15万件以上のお葬儀のお手伝いをさせていただきました。お坊さんの紹介や仏壇の販売などサービスを拡げていく中、「亡くなった主人のパソコンが起動しない」「ネット証券に入っていたようなのだが、パソコンのパスワードがわからない」といった相談も寄せられるようになりました。小さなお葬式は、日本全国にお客様がいるサービスですので、こういったデジタル遺品のニーズに対応するには、日本PCサービス様しかいないと思います。

日本PCサービスについて
商号    : 日本PCサービス株式会社
代表者名 : 代表取締役社長 家喜信行
設立    : 2001年9月
資本金   : 2億7,854万円
事業内容 : ホームIoTの修理・設定・トラブル解決等の
      サポートサービス、PC・デジタル家電・スマートフォン・
      HEMS・ネットワーク関連機器等の販売など
所在地  : 大阪府吹田市広芝町9-33
http://www.4900.co.jp 
http://www.j-pcs.jp/

ユニクエストについて
商号   : 株式会社ユニクエスト
代表者名 : 代表取締役 重野心平
設立    : 2006年8月
資本金  : 9,150万円
事業内容 : 1.インターネットメディアの企画・開発
      2. Eコマースソフトウェアの企画・開発
      3.上記に関わる一切の事業
       主力サービス「小さなお葬式」
所在地   : 大阪府大阪市西区靱本町1-6-3
https://www.osohshiki.jp/ 
https://www.uqo.jp/

This article is a sponsored article by
''.