画像: インテリアになじむ脚付き仏壇や、モダンな過去帳などを発表/株式会社八木研 〜2020年新商品内覧会〜

株式会社八木研による2020年新商品内覧会が、1月22・23日にギャラリーメモリア大阪梅田店にて、1月29・30日に同東京銀座店にて開催された。

注目の商品は「ネージュ」。ホワイトオーク材をブルーブラック色で仕上げたモダンな外観に、すっきりとした脚付きのデザインである。同じく脚付きの「エール」は、木材本来の杢目を生かした本体部に、白やミッドグレー色の脚が軽快な印象。

同社広報企画の小川さんによると、脚付きデザインはインテリア性が高くて圧迫感を感じない、と人気のため、今期、ラインナップを増やしたのだそう。

また、今年は仏具の新商品も豊富に展開している。

例えば、新作の過去帳は、新潟漆器変わり塗や、越前塗一閑張り、箱根寄木細工など日本の伝統工芸の魅力を生かした表装が印象的だ。同社で商品企画を担当する奈部さんは「これまでにない素材の組み合わせなので、表紙と内部の折本がうまくくっ付けられるか、何度も職人さんとやり取りしました」と語る。

その他に、信楽焼の作家と共同開発した六具足、京都の組紐職人が手掛けたリン棒など、いずれもモダンな仏壇に合うデザインだ。

同社では、年1回の内覧会に合わせて毎年、数十点の新しい商品を発表している。これまでの仏壇・仏具の印象を一新するような斬新なデザインから、従来の仏壇のイメージを大切にしながらも現代のインテリアに溶け込む仏壇まで、モダン仏壇のパイオニアとしての提案力が魅力だ。

▼株式会社八木研公式サイト

葬祭業界で働きたいあなたへ
葬祭業界で働きたいあなたへ

This article is a sponsored article by
''.