故人としっかり向き合い、
おうちのようなお見送りを

メモリアルむらもとは、1967年に北海道恵庭市で創業。現在は恵庭市・札幌市を中心に総合葬祭ホール「香華殿」シリーズ3施設、家族葬ホール「ウィズハウス」シリーズ9施設を有する。
※2020年春に10施設目がオープン予定

ウィズハウス第2回目となる今回は、「With House 清田2階」をご紹介する。同ホールは、メモリアルむらもとの本拠地 恵庭市と札幌市との間にある北広島市に所在。火葬場から車で5分の場所にあり、故人とのお別れの時間に余裕が持てるところが特長。2階には100名まで対応可能なホール、3階には少人数の家族葬をメインとするガラスのホールを有する。

どこからでも大切な人が目に届くように

ウィズハウスシリーズは、「家族がひと時を故人と自宅のように一緒に過ごせる」ことをコンセプトとした1日1組貸切型の家族葬ホール。上質の建材を使用し、華やかな空間が演出されている。

━━ウィズハウスへの、メモリアルむらもと村本社長の想いはこちらから。

注)めもるホールディングスは、葬祭業を営む株式会社メモリアルむらもと、仕出し料理と配食サービス事業を展開する株式会社いちえ北海道などの事業子会社を要する持株会社

ブランド一体での積極的なプロモーション展開

ウィズハウスブランドとしてWeb広告はもちろん、折込チラシにも注力。毎週、ウィズハウスのうち3施設程度を選び、施設から半径3キロ圏内を対象に配布。

また、各施設で週1回(友引)の内覧会を開催。加えて札幌・恵庭・北広島の各市で終活や相続をテーマに年5回のセミナーを実施している(全て参加すると皆勤賞がもらえるとのこと)。

秋には施設を開放したイベントを開催し、野菜やグループ会社の提供するケーキを割引価格で提供しており、数百人のお客さまが来場する。

With House清田2階の全貌をご紹介

里塚火葬場まで、車で5分の好立地

高速道路ICへも、里塚火葬場へも車で5分。道路沿いに見えてくる瀟洒な建物がWith House清田である。ブランドイメージを表す大きな立て看板は「家族葬」の文字、プランの金額などが遠くからも良く分かる。

道路に面しているのは建物2階部分。建物に向かって右側から1階の駐車場へつながる道があり、50台が収容できる。

穏やかで安心感に包み込まれるような受付エリア

受付にはコンシェルジュが1名常駐し、来館者の見学や事前相談を受け付けている。窓際の応接スペースは、陽が差し込み明るい雰囲気。

通称「裁判所」。木目調のラウンド祭壇

故人が生きてこられた人生の重みが伝わってくるような落ち着きのあるホールは、最大100名席までご用意可能。ラウンド型の祭壇は、たくさんの参列者が来られてもご遺族が故人としっかり向き合えるように設計されたそう。

式場からひとつながりの会食エリア

洒落たレストランのような、窓際のテーブル席にグランドピアノ。10名程度の小さなお式でも、「広い会場をゆったり贅沢に使いたい」とこちらを選ばれるお客さまもいらっしゃるそう。

ここはショールーム?!と見まごうほどの快適リビング

穏やかなトーンでまとめられたベッドルーム

画像: 穏やかなトーンでまとめられたベッドルーム

清田2階にはベッドルームが2つ。それぞれにシングルベッド2つに補助ベッドが1つが用意されている。

ホッとするバスルーム

機能的な僧侶控室

画像: 機能的な僧侶控室

程よい大きさで、作業も準備もしやすそうな僧侶控室。着替える際には半畳たたみを床に敷いて。

360度カメラでVR内覧!

詳細データ

ホール名With House 清田
所在地北海道北広島市大曲並木3丁目1-1
商圏範囲札幌市・北広島市
立地の特徴火葬場近く
道央自動車道北広島ICより車で5分
道央自動車道札幌南ICより車で10分
里塚火葬場まで車で5分
建物物件新築
総投資額(土地代含まず)3億円
設計者株式会社インタージャンク
施工者株式会社玉川組
施行件数年間約120件
自社施設数札幌市内:7箇所 / 恵庭市・北広島市:5箇所
建物構造鉄骨造3階建て
敷地面積1450.41㎡
建築面積/延床面積724.52㎡/1588.21㎡
オフィシャルサイトhttps://with-house.jp/house/kiyota/

写真/大塚日出樹

葬祭業界で働きたいあなたへ
葬祭業界で働きたいあなたへ

This article is a sponsored article by
''.