洞岩寺は、本堂東側の丘のヒノキ林を再生することで、豊かで賑わいのある里山の空間を創り出し、ここに自然に還る墓地「樹林葬墓苑」を開苑した。

遺骨の埋葬後、お墓の維持管理と供養は洞岩寺で行われるため、遺族の負担や墓じまいの心配がない。

画像: 中央アルプスをのぞむ丘に樹林葬墓苑を開苑/曹洞宗 洞岩寺

明るい森の中を行くとその先に樹林葬墓苑の区画が並んでいる。大きな墓石を建てない代わりに、そこに眠る方の名前を刻んだ小さな石のプレートが置かれる。

ベンチを設置した丘の頂上からは、眼下に天竜川、正面に中央アルプス(木曽山脈)を望む大パノラマが広がる。

一人でも、夫婦でも、そして代々のご家族でも利用でき、それぞれの考えに合った使い方ができる。一区画の面積が大きいので埋葬できる数に制限はなく、ペットの埋葬も可能となっている。

故人の遺骨は、それぞれの区画の土の中に直接埋葬する。長い年月をかけ、遺骨は形を無くして大地の一部になっていく。命はいつか失われるが、その存在はなくならず、この墓地を通じてまた新しい命の一部となっていく。そうした安心感があり、命はめぐるという仏教の自然観を体現するお墓となっている。

計画の概要

樹林葬墓苑は、洞岩寺本堂の東側の丘、標高約600mの場所に開かれた。

総面積    :2,300平方メートル
総区画数   :416区画
1区画の大きさ:間口1.2m×奥行1.2m (中心にプレート状の石碑を設置)
        各区画は何人ででも利用可能。

費用

1区画につき一人目のお申し込み 500,000円(非課税)
内訳:没後三十三回忌までの永代供養料及び永代使用料、管理費、埋葬費、諸経費

二人目以降のお申し込み(1名につき) 200,000円(非課税)
内訳:没後三十三回忌までの永代供養料及び永代使用料、管理費、埋葬費、諸経費

ペット納骨(一回の埋葬につき) 20,000円(税別)

洞岩寺の位置

洞岩寺は、鎌倉中期に開創した古刹。曹洞宗、一般に禅宗と言われる宗派である。

洞岩寺の位置する豊丘村は、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那盆地にある。自然豊かな南信州は水にも恵まれ、農業の盛んな地域だ。

アクセスには中央自動車道、JR飯田線を利用する。また、現在リニア中央新幹線の計画が進行中で、長野県駅が開業する予定。

問い合わせ先

名称:曹洞宗 長松山 洞岩寺
住所: 〒399-3202 長野県下伊那郡豊丘村大字神稲1370
URL : https://tougan-ji.jp
電話: 0265-35-3402


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.