株式会社百花想・ひかりの園販売(東京都千代田区麹町5丁目3番地)は、2019年3月30日(土)にグランドオープンする室内納骨堂「ひかりの園」において、業界初の書架式(ブックタイプ)室内墓の販売を開始する。「ひかりの園」は、従来の外墓地及び近年流行の自動搬送式納骨堂「ひかり陵苑」の運営・販売実績のある安養院(あんよういん・東京都品川区西五反田4-12-1)が運営する。

 ここ十数年でお墓にも多様性が求められる時代へと変化し、一人用のお墓・夫婦用のお墓・後継者の要らないお墓など多様なニーズが生まれた。ひかりの園では個々の事情や想いに合わせたお墓を提案する。

ひかりの園特徴

  • 持ち運び可能な新しいスタイルの書架式(ブックタイプ)納骨堂
  • オンリーワンタイプの納骨堂「魂手筺(たまてばこ)」が製作可能。7種類から選択。
  • ひかりの園のある安養院にて個々のニーズに合わせたお墓を選択できる。
    (書架式、外墓地、自動搬送式納骨堂、棚型*)
  • 不動前駅より徒歩5分の好立地

*棚型:安藤忠雄建築研究所による建築設計で製作

安藤忠雄建築研究所による建築設計安藤忠雄建築研究所による建築設計の棚型

書架式(ブックタイプ)

  • 一人一墓、個別に収蔵される贅沢な供養スタイル。
  • 魂手筺(たまてばこ)と呼ばれる納骨箱を使用し、本のように収蔵される。

魂手筺(たまてばこ)と呼ばれる納骨箱
魂手筺(たまてばこ)と呼ばれる納骨箱

2階ブックタイプの参拝の様子2階ブックタイプの参拝の様子

オリジナルの魂手筺(納骨箱)をつくることができるオリジナルの魂手筺(納骨箱)が製作可能

開発経緯

 1000年の歴史ある安養院は、既に従来の「承継を前提とした外墓地」の他、ここ20年で確立された「自動搬送式納骨堂」を所有している。また、核家族化など多様化した家族形態による後継者不足など現代の事情に即した新たな供養形態・お墓の在り方として、一人や夫婦のみを希望する層に向けたお墓を提案してきた。安養院に相談すれば、すべての供養形態から自身の想いや事情に合わせてお墓タイプを選択できる。
 そういった背景を踏まえ、様々な事情を持つ方を受け入れる場所を創りたい、想いに応えたいという第二十七世住職 浦田快暢(うらた かいちょう)の想いから新たにひかりの園が開発された。

臥龍山安養院について

 臥龍山安養院(がりゅうざんあんよういん)は平安時代に天台宗第三世、慈覚大師によって開山した由緒ある寺院。慈覚大師(じかくだいし)は世界の三大旅行記を著わしたことでも知られる高僧だ。
 本尊は金色八尺の寝釈迦像(涅槃像:ねはんぶつ)。江戸時代から長寿とぽっくり信仰のお寺として知られる。江戸名所図絵にも登場し、多くの石仏や花が描かれている。檀祖には芸州浅野家の正室、八代姫がいる。

臥龍山 安養院 本堂臥龍山 安養院 本堂

価格プラン

書架式(ブックタイプ)2階 黎明・日出処(あかつき・きぼう)35万円~/基
厨子タイプ地下1階 龍星・玉響(りゅうせい・たまゆら)70万円~/基
厨子タイプ3階 百花想・弥勒仙果(ひゃっかそう・みろくせんか)170万円~/基数

価格に含まれるもの
永代供養、厨子(2階は魂手筺)、戒名授与 ※3階は院号戒名授与

グランドオープンお披露目会~ひかりの花まつり~概要

画像: グランドオープンお披露目会~ひかりの花まつり~概要

日程:2019年3月30日(土)・31日(日)
   10:00~16:00
開催内容:下記

  • 結成50年ジャズコーラスグループ『タイムファイブ』による落成記念ライブステージ
  • パペットマペットによる漫才ステージ
  • 日本フラワーデザイン大賞1位を獲得したベル・フルール代表今野亮平によるフラワーアレンジメントショー(ベル・フルールはひかりの園館内花装飾を担当)
  • 終活カウンセラー協会代表理事 武藤頼胡による終活セミナー「終活で大切な10のこと~人生100年時代をよりよく生きるコツ~」
  • ウクレレ漫談でお馴染み「ぴろき」と若手落語家による落語会
  • 館内巡りツアー
  • その他:御朱印授与、千本釣り大会、匂い袋づくり、縁日イベントなど

イベント詳細
https://hikari-no-sono.jp/grandopen/

問合せ

WEB: https://hikari-no-sono.jp
電話:0120-594-841(受付時間:9:30~17:30)
*予約なしでも見学可能

運営

名称:臥龍山 安養院
中興開山:寛永元年(1624年)
宗派:天台宗山門派
現董:第二十七世住職 浦田快暢

販売会社

会社名:株式会社百花想・ひかりの園販売
事業内容:墓苑区画及び永代供養墓の販売代行
所在地:東京都千代田区麹町5丁目3番地
WEBサイト:https://hikari-no-sono.jp/

This article is a sponsored article by
''.