トモエ陶業株式会社(所在地:愛知県瀬戸市北浦町3丁目36、社長:可児錠二氏)は、暮らしに寄り添うシンプルな小型骨壷と仏具のセット「繭環(まゆだま)」(税抜価格:120,000円)を発売する。

画像1: シンプルな小型骨壷と仏具で暮らしに寄り添った手元供養を。「繭環(まゆだま)」新発売/トモエ陶業株式会社

「大きな仏壇を置くスペースがない」「インテリアになじむ手元供養品を探している」「伝統的な儀礼も大切にしたい」といったニーズにマッチした、手元供養時代の新しい供養具である。和室、洋間を問わずどんなお部屋にも馴染むデザイン。こぶりなサイズで設置場所にも困らない。

人々の価値観が多様化している現代では、「親しい人の死」への向き合い方もまた多様化している。伝統にとらわれず、自分なりの方法で故人を偲びたい方に向けて提案されている。

画像2: シンプルな小型骨壷と仏具で暮らしに寄り添った手元供養を。「繭環(まゆだま)」新発売/トモエ陶業株式会社

商品特長

1.高品質な本格派、完全国内生産

繭環(まゆだま)は、(1)小型の骨壷 (2)花瓶 (3)香炉 (4)灯立 (5)りんがセット。小型骨壷を含む現代版「新五具足」である。

中心となるミニ骨壷は、故人の魂が収まる陶器製の「繭(まゆ)」を、木製の「環(わ)」が守る形になっています。繭に環が巻かれた形状には「生涯を終えて、還る場所」という意味が込められている。

時間の経過による変質の少ない陶器製の容器が大切な遺骨をしっかりと守る一方で、無垢の木材が見せる経年変化は、故人が旅立ってからの時間の経過を感じさせる。上質な素材を生かしたシンプルで美しい外観は、全ての工程において日本国内の職人が一点一点手作りで生み出しているのだ。

骨壷・花瓶・香炉・りん・灯立のセット
骨壷・花瓶・香炉・りん・灯立のセット

2.こぶりで設置場所にも、収納場所にも困らない

ミニ骨壷は高さ80mm・直径60mmと小型。狭いスペースにも置くことができる。香炉、灯立、りん(りん台・りん棒・香立含む)は重ね合わせて付属の桐箱の中に収納可能。「普段はしまっておいて、故人の命日にはお線香を焚きたい」といったニーズにも応えられる。

画像1: 商品特長
画像2: 商品特長

3.「私らしい」弔い方ができる

これまでの仏具のイメージを一新。シンプルで、和室・洋室を問わずどんなお部屋のインテリアにも馴染む美しいデザインだ。

「お花は定期的に供えるけど、お線香を焚くのはごくたまにだけ…」「普段はミニ骨壷とお香だけ出しておいて、思い出の日にだけお花を供えたい」など、それぞれの暮らしのスタイルに合わせられる。

画像3: 商品特長

商品WEBサイト
http://mayudama.hanatofumi.jp

販売窓口
繭環 通販サイト(katadolee.内)
https://katadol.theshop.jp/items/12377826

問合せ先

トモエ陶業株式会社(愛知県瀬戸市北浦町3丁目36)

Tel : 0561-83-3674
Web : http://www.tomoetogyo.jp
E-mai l: kani-co@mtf.biglobe.ne.jp

トモエ陶業株式会社

This article is a sponsored article by
''.