国境なき医師団日本(会長:加藤寛幸氏、事務局長:ジェレミィ・ボダン氏)は、近年「法定相続人がいない」「社会への恩返しがしたい」などの理由で関心が高まっている「遺贈」に関する現状や課題を明らかにすることを目的に、2018年6月22日~28日の7日間、全国の20代~70代の男女1200名を対象に「遺贈に関する意識調査2018」をインターネット調査し、集計結果を公開した。(調査協力会社:株式会社ネオマーケティング)

そもそも「遺贈」とは?

遺産を子どもや配偶者などの法定相続人に継承させる以外に、遺言に基づいて法定相続人以外の特定の個人や団体に遺産の一部または全部を譲り渡す」ことを指す。遺贈先として、親しい友人やお世話になった人だけでなく、NGO・NPO法人などの団体にも、遺産の一部または全部を継承できる。別名”レガシーギフト”とも呼ばれ、【遺言による新しい寄付の形】として注目されている。国境なき医師団への遺贈も増加しており、遺贈寄付として託された遺志は、医療・人道援助活動を通して多くの命につながっている。

画像: そもそも「遺贈」とは?

遺言書作成に70代の約6割が前向き。「遺贈」の認知度は70代の8割以上!

遺言書準備の必要性を理解している人は70代で約6割と、高年齢層ほど遺言書準備は”自分ごと“と捉えていると言える。また、「遺贈」の認知度は40代から特に上昇し、70代で85.5%と8割以上に達することが分かった。一方で、遺贈の意向度は年代によって大きな差はなく、約5割に遺贈意向があることが判明した。さらに詳しく見ると、遺贈への認知や理解が深まるほど、遺贈の意向が高まる傾向も見受けられる。他の回答を見ても「専門家の意見を聞きたい」「遺贈についての知識を身に付けたい」「遺贈を検討したい」という回答が多く、遺贈に対して学ぼう、取り組もうという意識が高いことがうかがえる。近年は幅広い層で社会貢献意識が高まっていると言われているが、その中で遺贈寄付という形での貢献も注目され始めていると考えられる。

役立てたいのは人道支援・医療支援などの“社会貢献”。使われ方の透明性・信頼性がポイント。

遺贈の最大のメリットとして「遺産の託し先を自分で決められること(46.1%)」が挙げられた。さらに「遺贈が社会現象化すればもっとよい社会になる」という意見も多く見られ、自分らしい人生の生き方や終わり方を考える人にとって、遺贈は今後注目のトピックと言える。遺贈をする場合、どの年代も共通して「人道支援」「医療支援」「災害復旧支援」など社会貢献に役立てたいという意識が高い結果となった。一方で、遺贈への不安要素として「寄付した遺産の使われ方」や「寄付する団体選び」などがあげられ、受遺者側の信頼性が問われていることがうかがえる。

家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。

家族や親族が遺贈を希望した場合の賛否について、賛同するという回答が最も多かったのは「自身の子ども」、次いで「自身の親」、「自身のその他親族」「自身のパートナー(夫・妻)」という順になった。男女年代別で見ると50代女性が他の年代と比べて低く、いずれの項目も5割を下回り、特に「自身のパートナー(夫・妻) 」への賛同については4割弱。回答者の中では親子2世帯という家族構成が多いことから「子育て」や「親の介護」などを考慮しての回答であることが推測される。家族・親族と話し合う適切なタイミングとして「親族の法事」「お盆」「冠婚葬祭」など家族・親族が集まる状況が挙げられた一方で、「タイミングは関係がない」という結果が6割を超えていることから、話し合う機会はいつでも得られるという認識であることもうかがえる。

ご参考:掲載ページURL
http://www.msf.or.jp/legacy_survey2018/pdf/survey2018.pdf

画像1: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像2: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像3: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像4: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像5: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像6: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像7: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像8: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像9: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像10: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像11: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像12: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像13: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像14: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像15: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像16: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像17: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。
画像18: 家族・親族の遺贈についてはどの年代も5割以上が賛同。話し合いは、法事やお盆に。

【調査概要】

  • 調査対象者:全国/20代~70代の男女各100名 計1,200サンプル
  • 調査方法 :インターネット調査
  • 調査エリア :全国
  • 調査期間 :2018年6月22日~2018年6月28日
  • 調査協力会社 株式会社ネオマーケティング

【国境なき医師団とは】
国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)は、 独立・中立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足。MSFの活動は、緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としている。紛争や自然災害の被害者や、貧困などさまざまな理由で保健医療サービスを受けられない人びとなど、その対象は多岐にわたる。MSFは世界各地に29事務局を設置している。主な活動地はアフリカ・アジア・南米などの途上国。2017年は4万5000人以上の海外派遣スタッフ・現地スタッフが、世界70ヵ国以上で活動を行った。また、MSF日本からは117人を派遣。派遣回数はのべ169回で、29ヵ国で活動。MSFの活動は、ほぼすべて民間からの寄付で成り立っている。また、活動地へ派遣するスタッフの募集も通年で行っている。さらに、活動地の現状報告や患者の方々の声を届ける証言・広報活動も重視している。

【国境なき医師団日本 概要】
名 称 :特定非営利活動法人 国境なき医師団日本(認定 NPO 法人)
会 長 :加藤寛幸(医師)
事 務 局 長 :ジェレミィ・ボダン
設 立 年 :1992年
所 在 地 :162-0045 東京都新宿区馬場下町 1-1 FORECAST早稲田FIRST 3階
公式HP :http://www.msf.or.jp/
掲載ページURL:http://www.msf.or.jp/legacy_survey2018/pdf/survey2018.pdf

【本調査および遺贈寄付に関するお問い合わせ先】
国境なき医師団日本 担当:宮原
E-Mail:legacy@tokyo.msf.org
電話:03-5286-6194/FAX:03-5286-6124


「いいね!」すると最新情報をお届けします。


ニュースレター


葬祭業専門ハイクラス人材サービス 登録受付中!


This article is a sponsored article by
''.