~継承者の心配が要らない全区画永代供養付きのお墓で大切なペットと永遠に共に~

仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 奥田実氏、以下大野屋)は、西教寺墓地にペットと一緒に眠れるお墓「ウィズペット」を含む新区画を拡充し、2019年8月17日(土)より販売を開始する。

画像: ~継承者の心配が要らない全区画永代供養付きのお墓で大切なペットと永遠に共に~

日本で初めて「ウィズペット」を提供開始した町田いずみ浄苑では、既に全区画が完売しており、「家族同然だったペットと同じお墓に入りたい」というニーズは年々高まっているようだ。

需要の高まりを受け、都内では町田、奥多摩、八王子に続き、多摩北部エリア初となる「ウィズペット」区画を西教寺墓地に新設。西教寺墓地は、都立多磨霊園に隣接するロケーションで、全区画が平坦でお参りがしやすく管理の行き届いた寺院墓地。

すべて永代供養付きの区画で、使用期間を20年~最長50年まで自由に設定でき、継承者がいなくても安心してお墓を持てることも特徴だ。(永代供養墓合祀墓への改葬費用・墓石撤去費用は不要)。

新区画の主な特徴

□ お墓の跡継ぎがいない方の為の、永代供養付き墓所
□ ペットがいなくても申込可能
□ 20年~最長50年まで、お好きな使用年数を設定できる有期限墓地
□ 有期限の契約終了後は永代供養合祀墓へ改葬され、永代にわたり供養される
□ 永代供養合祀墓への改葬や墓石撤去費も全て含まれているので安心
□ 有期限の契約終了後も10年単位で個別墓所の使用延長が可能

デザインの特徴

画像: 1.2㎡タイプ

1.2㎡タイプ

画像: 0.9㎡タイプ

0.9㎡タイプ

□ 全区画芝生の上に墓石を配置
□ 個別のお墓はゆったりとした1.2㎡と、コンパクトな0.9㎡の2つの広さから選択可能
□ 個性豊かな墓石のデザインは1.2㎡/0.9㎡タイプで各7パターンをご用意
□ 墓石に刻む文字やパターンは自由に選択可能
□ ご要望により、ペットをモチーフにしたオブジェの設置や足跡の彫刻などのお墓のデザインも可能

【価 格】
※税抜価格ウィズペット: 1.2㎡ 総額184万円~ / 0.9㎡ 総額119万円~
一般: 0.9㎡のみ 総額 107万円~
※いずれも、20年使用の場合。 納骨手数料、戒名彫刻料は別途。

ウィズペットとは?

大野屋が2003年、業界に先駆け提供した国内初のペットと一緒に眠れるお墓のこと。「ウィズペット」はペット専用墓地や納骨堂とは異なり、家族のお墓に“共に生きたペットも一緒に埋葬したい”と願う方へ向けた新しいスタイルのお墓。近年、ペットを大切な家族の一員として捉える方が増え、飼育数も年々増加している中、「ウィズペット」の人気も拡大し現在では国内各地10カ所で展開されている。※ウィズペット(登録商標:第4763612号)

画像: ウィズペットとは?

西教寺墓地 交通アクセス

所在地:東京都小金井市前原町4-3
電車の場合:JR中央線「武蔵小金井駅」 南口から京王バスで『多磨霊園裏門』バス停を下車、徒歩10分
車の場合:中央自動車道「調布IC」より国道20号経由で約15分

▼大野屋多磨店URL
http://www.ohnoya-cemetery.com/office/kanto/tama.shtml?utm_source=press& utm_medium=pr&utm_campaign=1919

葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.