日本FP協会(所在地:東京都港区、理事長:白根壽晴氏)は、2018年10月19日~10月22日の4日間、全国の20代~70代の男女を対象に「世代別比較 くらしとお金に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,200名の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

特定非営利活動法人(NPO法人)日本FP協会

世代別「人生100年時代」に対する意識

画像1: 世代別「人生100年時代」に対する意識

はじめに、現在のくらしに対して満足しているか、不満があるか聞いたところ、満足(「満足している」と「どちらかといえば満足している」の合計、以下同様)が63.8%、不満(「不満がある」と「どちらかといえば不満がある」の合計、以下同様)が36.2%となり、満足している人のほうが多いという結果となった。

世代別にみると、「満足」の割合が最も高かったのは70代(80.5%)。また、「不満」の割合が最も高かったのは40代(52.5%)で、半数以上が現在のくらしに不満を持っていることが分かった。

画像2: 世代別「人生100年時代」に対する意識

次に、「老後のくらしに対して安心しているか、不安があるか」を聞いた項目では、安心(「安心している」と「どちらかといえば安心している」の合計)が26.1%、不安(「不安がある」と「どちらかといえば不安がある」の合計)が73.9%となった。老後のくらしに対しては不安を感じている人が多いようだ。

世代別にみると、すべての世代で「不安」が「安心」を上回っている。なかでも「不安」の割合が最も高かったのは30代(85.0%)であった。

老後の不安について

画像: 老後の不安について

4人に3人が老後に不安を感じているという結果となったが、年々平均寿命が延び「人生100年時代」とも言われる現在、どのようなことに不安を感じる人が多いのだろうか。

全回答者(1,200名)に、人生100年時代を迎えるにあたって不安を感じることを聞いたところ、最多回答は「老後の生活設計」(60.4%)で、次いで、「自身の健康」(57.2%)、「家族の健康」(44.8%)、「年金」(42.3%)、「住まいにかかる費用、住まいのあり方(住む場所や住居形態など)」(41.3%)ということが分かった。

世代別にみると、30代では「住まいにかかる費用、住まいのあり方(住む場所や住居形態など)」(52.0%)、40代では「親などの介護」(41.5%)が、他の世代と比べて高い割合となる。

住宅関連の費用負担が大きい30代では「住まい」、親世代が高齢になる人が多い40代では「介護」の問題が、老後の不安材料となっている様子。また、60代や70代では「自身の健康」(60代76.5%、70代72.0%)が最も高い割合となった。

資産寿命を延ばすためには?

画像: 資産寿命を延ばすためには?

人生100年時代となった今、老後の人生をイキイキと生活にするためには、「健康寿命」だけではなく、自身の資産が底をつくまでの期間を表わす「資産寿命」を延ばすことも大切になってくる。

そこで、全回答者(1,200名)に、資産寿命を延ばすために必要だと思うことを聞いたところ、最多回答は「現役で働く期間を延ばす」(41.3%)で、次いで、「生活費の節約を心がける」(40.9%)、「健康に気を配り医療費を削減する」(31.5%)、「若いうちから少しずつ資産形成に取り組む」(29.2%)、「共働きや副業で収入を増やす」(25.6%)となった。働く期間を延ばすことで収入を維持することが必要と考える人が多いようである。

世代別にみると、20代では「共働きや副業で収入を増やす」(40.5%)、30代では「若いうちから少しずつ資産形成に取り組む」(39.5%)が他の世代と比べて高くなった。若いうちからコツコツ資産形成をすることがが大切だと考える人は30代に多いようである。

お金の専門家に相談

画像: お金の専門家に相談

続いて、全回答者(1,200名)に、人生100年時代に備えて、ファイナンシャル・プランナーなどのお金の専門家に、“ライフプラン”の作成に際して相談したいことがあるかを聞いたところ、「相談したいことがある」が60.6%という結果に。ライフプランの作成について、プロフェッショナルに相談したいという人は多いようである。

お金の専門家に相談したいことがある人(727名)に、どのようなことを相談したいか聞いたところ、1位「老後の生活設計」(62.7%)、2位「家計管理や貯蓄方法」(36.3%)、3位「年金」(31.2%)、4位「資産運用」(28.2%)、5位「介護費用」(25.6%)となった。

世代別にみると、30代では「家計管理や貯蓄方法」(50.8%)や「子ども・孫の教育費」(21.2%)、70代では「介護費用」(39.0%)が他の世代より高くなった。

老後の資産形成で有効だと思うもの

画像: 老後の資産形成で有効だと思うもの

全回答者(1,200名)に、老後のための資産形成において、どのような制度が有効だと思うかを聞いたところ、最多回答は「公的年金」(52.2%)で、次いで、「私的年金(民間の個人年金、企業年金など)」(42.9%)、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」(13.0%)、「NISA(少額投資非課税制度)」(11.3%)、「つみたてNISA」(10.1%)となった。

男女・世代別にみると、30代男性では「iDeCo(個人型確定拠出年金)」(23.0%)や「NISA(少額投資非課税制度)」(22.0%)がどちらも2割を超え、他の世代と比べて高い結果となった。

希望する働き方とは

画像1: 希望する働き方とは

人生100年時代には現役で働く期間がこれまでより長くなるといわれており、長期的な視点でのキャリアプランが必要になってくる。そこで、全回答者(1,200名)に、副業・兼業を持つ働き方や独立・起業、仕事と学び直しを繰り返す働き方の3つの働き方を提示し、それぞれどの程度したいと思うか訊ねた。

まず、副業・兼業を持つ働き方については、したい(「とてもしたい」と「まあしたい」の合計)が43.6%となった。世代別に「したい」の割合をみると、20代では63.0%、30代では52.5%と、半数以上。また、最も割合が低かった70代(23.5%)でも、4人に1人近くの人が副業・兼業の意向を持っていることが分かった。

独立・起業については、「したい」が18.5%となった。世代別の割合をみると、最も高かったのは20代(28.0%)でした。雇用されて働くのではなく、自ら事業を興したいと考える20代が少なくないようである。

画像2: 希望する働き方とは

また、仕事と学び直しを繰り返す働き方(社会に出た後に学び直し、また働くということを繰り返す働き方)については、「したい」が30.1%となった。社会人になってから学び直しを行ってスキルアップし、再び就労するというサイクルを繰り返す「リカレント教育」が注目されているが、こうした働き方に関心を持っている人が少なくないことが判った。

男女・世代別に「したい」の割合をみると、男性では40代、女性では20代(ともに41.0%)が最も高くなっている。

老後の生きがいとして楽しみにしていること

画像: 老後の生きがいとして楽しみにしていること

老後も充実した生活を送るために、どのようなことを生きがいにしたいと考える人が多いのだろうか。

全回答者(1,200名)に、老後の生きがいとして楽しみにしていることを聞いたところ、1位「旅行・レジャー」(46.2%)、2位「パートナー(配偶者・恋人)と過ごす時間」(31.7%)、3位「子ども・孫や親との交流」(27.3%)、4位「友人との交流」(26.4%)、5位「読書」「映画鑑賞」(ともに23.7%)となった。旅行やレジャーを楽しみにしている人のほか、身近な人と過ごすことを楽しみにしている人も多いようである。

世代別にみると、20代では「パートナー(配偶者・恋人)と過ごす時間」(42.0%)、30代では「仕事(再就職、独立・起業など)」(26.5%)、60代では「映画鑑賞」(36.0%)、70代では「読書」(35.0%)や「運動・スポーツ」(34.5%)、「インターネット・SNS」(25.5%)が他の世代より高くなった。

世代別 くらしとお金の実態

結婚やマイホーム購入といったライフイベントに関する意識・実態や、現在保有している資産の実態について質問をした。

結婚

まず、結婚年齢について、既婚者(793名)に、初婚年齢を聞いたところ、「23歳~25歳」(29.6%)や「26歳~28歳」(22.2%)などに回答が集まり、平均は27.9歳となった。

未婚者(407名)に、この歳までに結婚したいという年齢を聞いたところ、「結婚したくない」(47.2%)が最も多くなったほか、結婚の意向がある人(結婚したい年齢を回答した人)では「29歳~31歳」(11.5%)や「40歳~49歳」(10.1%)に回答が集まり、平均は34.9歳となった。

マイホーム購入

次に、マイホーム購入の意識や実態について訊ねてみた。

現在の住まいが持ち家の人(575名)に、自身(または配偶者)がマイホームを購入した年齢を聞いたところ、「30歳~34歳」や「35歳~39歳」(ともに23.5%)に回答が集まり、平均は36.3歳となった。

現在の住まいが持ち家ではない人(625名)に、この歳までにマイホームを購入したいという年齢を聞いたところ、「購入したいと思わない」(68.0%)が最も多くなったほか、購入意向がある人(購入したい年齢を回答した人)では「35歳~39歳」(6.7%)や「40歳~44歳」(7.8%)に回答が集まり、平均は40.5歳となった。

金融資産

画像: 金融資産

全回答者(1,200名)に、現在の金融資産(総額)を聞いたところ、平均額は1,141万円となった。

世代別に平均額をみると、20代405万円、30代556万円、40代604万円、50代1,533万円、60代1,969万円と、60代までは、世代が上がるにつれて資産額も高くなる傾向がみられた。50代は40代の約2.5倍の金額となっており、資産が増える時期といえるのではないだろうか。

仕事と年齢

画像1: 仕事と年齢

続いて、仕事と年齢について質問をした。

現在働いている人(697名)に、今後、ずっと働きたいと思うか聞いたところ、「ずっと働きたいと思う」が15.8%、「ずっと働きたいとは思わない」が84.2%となりました。ある程度のところで仕事をリタイアしたいと考えている人が多数派のようである。

画像2: 仕事と年齢

では、何歳くらいまで働きたいと考えているのだろうか。ずっと働きたいとは思わないという人(587名)に、何歳まで働きたいと思うか聞いたところ、平均は62.2歳であった。

世代別に平均をみると、20代(54.9歳)や30代(59.0歳)は60歳以下の年齢を希望し、40代以上(40代62.9歳、50代65.0歳、60代69.0歳)は60歳超の年齢を希望する結果となる。

また、今後ずっと働く必要があると思うか聞いたところ、「ずっと働く必要があると思う」が20.2%、「ずっと働く必要があるとは思わない」が79.8%となった。ずっと働く必要があるとは思わないという人(556名)に、何歳まで働く必要があると思うか聞いたところ、平均は64.7歳であった。

世代別に平均をみると、全ての世代で60歳以上となっており、20代から50代では働きたいと思う年齢の平均よりも高くなっている。

退職後の年金や退職金について

画像: 退職後の年金や退職金について

年金

全回答者(1,200名)に、自身が受け取る公的年金の金額をどのくらい知っているか聞いたところ、把握している(「把握している」と「おおよそ把握している」の合計)が51.0%、把握していない(「全く把握していない」と「あまり把握していない」の合計)が49.0%となった。

世代別にみると、20代から40代では「把握していない」のほうが高くなり(20代81.5%、30代76.0%、40代70.5%)、50代以上では「把握している」のほうが高い割合でした(50代54.0%、60代87.0%、70代93.0%)。

また、私的年金(企業年金や民間の個人年金など)を受け取る予定があるか聞いたところ、「受け取る予定がある」は44.4%、「受け取る予定はない」は55.6%となった。

私的年金を受け取る予定がある人(533名)に、自身が受け取る私的年金の金額をどのくらい知っているかを聞いたところ、「把握している」は49.5%、「把握していない」は50.5%となり、両者が拮抗する結果となった。

世代別にみると、20代から40代では「把握していない」のほうが高く(20代77.8%、30代76.2%、40代65.6%)、50代以上では「把握している」のほうが高い割合であった(50代53.2%、60代85.4%、70代94.9%)。50代になったのを境に、自身が受け取る年金額を意識し始める人が多いのではな位だろうか。

退職金

画像: 退職金

さらに、退職金を受け取る予定があるか聞いたところ、「受け取る予定がある」は36.8%、「受け取る予定はない」は63.3%で、退職金の受け取り予定がないという人が多数派となった。

退職金を受け取る予定がある人(441名)に、自身が受け取る退職金の金額をどのくらい知っているかを聞いたところ、「把握している」は47.6%、「把握していない」は52.3%となり、把握していない人のほうが多いことがわかった。

世代別にみると、20代から40代では「把握していない」のほうが高く(20代72.3%、30代70.2%、40代71.6%)、50代以上では「把握している」のほうが高くなった。(50代60.2%、60代94.0%、70代94.8%)

退職金の運用方法

画像: 退職金の運用方法

4割近くの人が退職金を受け取る予定があることがわかったが、退職金の運用方法や使いみちについては、どのようにすればよいのかわからないという人も少なくないのではないだろうか。

そこで、退職金を受け取る予定がある人(441名)に、退職金の運用や使いみちについて、誰にどのくらい相談したいかを訊ねた。

相談したい(「とても相談したい」「まあ相談したい」の合計)の割合をみると、親や近親者は32.0%、配偶者(対象:配偶者がいる人)は58.9%、知人・友人は20.0%となりました。また、金融機関は24.3%、ファイナンシャル・プランナーは31.7%であった。

世代別「相談したい」をみると、20代では金融機関やファイナンシャル・プランナーに相談したい人の割合が他の世代より高く、金融機関が33.9%、ファイナンシャル・プランナーが41.1%となった。

セカンドライフを送る場合の生活費

画像1: セカンドライフを送る場合の生活費

続いて、全回答者(1,200名)に、配偶者とセカンドライフを送ると想定した場合の生活費について訊ねた。

最低限必要な生活費(月額)はどの程度だと思うか聞いたところ、「15万円~20万円未満」(24.9%)や「20万円~25万円未満」(23.5%)に回答が集まり、平均は20.6万円となった。世代別に平均額をみると、最も高かったのは70代(23.1万円)、最も低かったのは40代(19.0万円)である。

画像2: セカンドライフを送る場合の生活費

次に、希望する生活費(月額)はどの程度だと思うか聞いたところ、「25万円~30万円未満」(22.4%)や「20万円~25万円未満」(21.8%)に回答が集まり、平均は25.7万円であった。世代別に平均額をみると、最も高かったのは70代(27.3万円)、最も低かったのは40代(24.1万円)であった。

また、自身が得られると思う収入額(月額・税込)はどの程度だと思うか聞いたところ、「10万円未満」(26.8%)や「15万円~20万円未満」(19.7%)などに回答が集まり、平均は17.6万円となりました。希望する生活費の平均額と比較すると8.1万円低い金額となり、セカンドライフにおける生活費の理想と現実に、大きなギャップがあることがわかった。

世代別 理想の社会と理想のシニア

画像1: 世代別 理想の社会と理想のシニア

将来の日本がどのような社会になっていることを期待する人が多いのだろうか。

全回答者(1,200名)に、30年後の日本社会がどのような社会になっているとよいと思うかを聞いたところ、「老後の生活に不安がない社会」(43.3%)が最も高く第1位。次いで、「福祉が充実した社会」(35.6%)、「自然災害に強い社会」(34.9%)、「子どもがイキイキとしている社会」「犯罪の少ない社会」(ともに32.1%)となった。老後の生活や福祉の面で、安心して過ごせる社会を希望する人が多いようである。

世代別にみると、20代では「子育てがしやすい社会」(40.5%)が最も高い。また、70代では「自然災害に強い社会」(45.5%)や「高齢者が活躍しやすい社会」(42.0%)が、他の世代と比べて高くなっている。

画像2: 世代別 理想の社会と理想のシニア

最後に、全回答者(1,200名)に、「輝いている80代」だと思う有名人を聞いたところ、1位「黒柳徹子さん」(37.8%)、2位「加山雄三さん」(31.2%)、3位「美輪明宏さん」(23.0%)、4位「伊東四朗さん」(21.3%)、5位「北島三郎さん」(20.2%)となった。テレビ番組や舞台などで活躍し、SNSでも精力的に発信を続けている黒柳さんが多くの支持を集めている。

世代別にみると、20代の回答では「北島三郎さん」(26.5%)が2位にランクイン。今なお現役で歌い続けている「演歌界の大御所の北島さん」を輝いていると感じる20代が多いようだ。

また、30代の回答では3位、40代の回答では2位には「野沢雅子さん」(30代23.0%、40代29.5%)がランクイン。ドラゴンボールの孫悟空などでおなじみの声を今もアニメやCMで披露する野沢さんに、輝きを感じている人が多いのではないだろうか。そのほか、60代と70代の回答では「加山雄三さん」(60代43.5%、70代45.5%)が1位となる。


「いいね!」すると最新情報をお届けします。


ニュースレター


葬祭業専門ハイクラス人材サービス 登録受付中!


This article is a sponsored article by
''.