株式会社ワニブックスが、小山内美江子氏著の「終活なんてまだまだ早い!人生は還暦から!」を2018年10月10日(水)に発売する。
TBS『3年B組金八先生』 、NHK大河ドラマ『徳川家康』『翔ぶが如く』 、 NHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』などの脚本家として活躍し、60歳の還暦後に海外ボランティアで第二の人生を歩み始めた著者が、日本人への提言を詰め込んだ一冊となっている。

60歳で海外ボランティアへ目覚め、カンボジア、ネパールに学校建設400校!
そして88歳のいま、日本人への最後の提言!

画像: 60歳で海外ボランティアへ目覚め、カンボジア、ネパールに学校建設400校! そして88歳のいま、日本人への最後の提言!

第一章 還暦からの海外ボランティア
第二章 金八流教育論
第三章 シングルマザーの子育て論
第四章 日本人へ ~私の遺言

NPO法人を立ち上げ、これまで400棟を超える学校を建ててきた活動を通して考える「真の国際貢献」とは?そして、戦後から現在に至る学校教育、子育て、家族の関係、さらに、昨今話題になっている「終活」まで、自身の体験を通してどうしても伝えたかった、日本人への「遺言」とは何なのか。

著者プロフィール

小山内美江子
1930年神奈川県横浜市生まれ。脚本家として活躍。
代表作に、TBS『3年B組金八先生』やNHK大河ドラマ『徳川家康』『翔ぶが如く』などがある。還暦を機に、ヨルダンをはじめカンボジア、ネパールなどでボランティア活動を開始。「JHP・学校をつくる会」を設立し、国際協力活動にも取り組んでいる。

書籍概要

■発売日 2018年10月10日
■判型 四六判ソフトカバー、176p
■価格 1200円+税
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス

This article is a sponsored article by
''.