概要

昨今、葬送の儀式の簡略化・簡素化の原因は、消費者のニーズと言う事だけではなく
葬儀社側のコミュニケーション力にも原因があると思われます。
亡くなった方の処置やメイクは、ただ単に綺麗にする事が目的と捉えられがちですが
その時間が実は、ご遺族とのコミュニケーションを更に深めていく大切な時間になって
いる事に気付いているでしょうか?
それをきっかけに自社のファンになって頂く事で、リピート率を上げていく事に繋がっていく。
他社との差別化を考えて見ませんか?

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月24日(金)11:00~12:00
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)F会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

宿原 寿美子 氏 (株式会社キュア・エッセンス 代表取締役)

大手アパレルなどの流通業界を経たのち、日本ヒューマンセレモニー専門学校に入学。卒業後、葬儀業全般に携わり、06年同校のフューネラルディレクターコース・エンバーミングコースの講師となる。13年テキサス州立大学法医学研究所にて、法医学顔復元コース終了認定。14年に同法医学アート2次元顔面再建マスターコース修了認定を受ける。
現在、学生や企業向けの処置やメイクの指導及び企業人材育成、医療・介護に向けたエンゼルケアを奨励している。

詳細・お申込み

This article is a sponsored article by
''.