概要

古くから日本の花流通は、お葬儀だけではなく、供養としての墓花など、ご先祖を敬う風習から、菊が中心となる生産がなされており、花の流通品目シェアでは最大を誇ります。 一方で、国外からの輸入切り花の増加や、各地での風習の変化、お葬儀件数は増加も、お葬儀自体の小規模化や直葬の増加によって、その需要は低下しています。 その中で、お供え花の花贈りトレンドの変化やお葬儀に飾る祭壇の変化など、葬祭需要における花需要の変化の最新トレンドを当協会メンバーによりご紹介するとともに、その変化に対する花生産の変化をパネルディスカッション形式でご紹介いたします。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月24日(金)15:00~16:30
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)D会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

宮島 浩彰 氏 (日比谷花壇 代表取締役社長、花の国日本協議会 副理事長(代表理事)

 

磯村 信夫 氏 (大田花き 代表執行役社長、花の国日本協議会 副理事長)

 

藤井 毅 氏 (フレネットHIBIYA 代表取締役社長、花の国日本協議会 理事)

 

【モデレーター】 和田 幸一 氏 (花の国日本協議会 事務局長)

 

詳細・お申込み


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.