概要

オーストラリアで発祥し、全世界的に職業として成立している「セレブラント」。
アメリカではセレブラントがデザインした葬儀は全体の6割を超えるともいわれ、40代の転職する職業BEST5にも入っています。日本でもすでに育成が始まっています。
「その人」らしい葬儀をデザインし、宗教葬であれ無宗教葬であれ、プランニングから儀式の司会までを行う「セレブラント」とはどんな職業なのか。
アメリカのフューネラルセレブラントの資格を有する橋爪謙一郎のセミナーは今年も必見。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月24日(金)11:00~12:30
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)D会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

橋爪 謙一郎 氏 (株式会社ジーエスアイ 代表取締役)

1967年、北海道千歳市生まれ。1994 年に渡米し、ピッツバーグ葬儀科学大学入学。その後ジョン F .ケネディ大学大学院にてトランスパーソナル心理学を専攻し、修士号を取得。同時に全米国家資格フューネラルディレクター、カリフォルニア州エンバーマーライセンスを取得し、2001年に帰国。
帰国後、IFSA(現・一般社団法人日本遺体衛生保全協会)のスーパーバイザーとして、日本人エンバーマーのための養成校と資格認定の立ち上げに力を注ぐ。現在は、エンバーミング事業、並びにグリーフサポート事業として企業の人材教育や、コンサルティング、一般向けセミナーの提供、講演活動などを行っている。2015年にアメリカのCEREBRANT®Foundation &Instituteが認定するフューネラルセレブラントの資格を取得。

詳細・お申込み


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.