概要

日比谷花壇が目指すお葬式は滞りなく、形式的に終えるお葬式を目指すのではなく、ご家族が悲しみだけではなく、笑顔が生まれるようなお葬式を目指しています。
日比谷花壇では花祭壇だけではなく、お客様の心に寄り添い、場面ごとに刻々と移り変わる心理状況に合わせて、お客様の心が和らぐご提案をさせていただいています。
笑顔が生まれるお葬式が出来上がるまでのご提案を、沢山の実例を交えてご紹介いたします。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月23日(木)14:00~15:00
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)E会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

金澤 和央 氏 (株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー) 

早稲田大学卒業後、2004年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬、著名人の大型お別れの会まで幅広く手懸けている故人らしい、オリジナリティ溢れる演出提案が評判で、著名人では水木しげるさん、永六輔さんら多数のお別れの会も担当。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。

詳細・お申込み


「いいね!」すると最新情報をお届けします。


ニュースレター


葬祭業専門ハイクラス人材サービス 登録受付中!


This article is a sponsored article by
''.