青春出版社(東京都新宿区)は8月2日に新刊『やってはいけない「長男」の相続 日本一相続を見てきてわかった円満解決の秘訣』(税理士法人レガシィ・著)を発売。親と子がいるかぎりいつかは出てくる「相続」問題。モメない家族はどう対処しているのか、円満解決のためのヒントを、専門家が解説。(※本書では性別や戸籍上の続柄に限らず、例え長女や次男であっても、本家を相続する人を、便宜上「長男」と呼んでいます)

画像: 日本一相続を見てきた税理士法人が解説する『やってはいけない「長男」の相続』/株式会社 青春出版社

現在、日本の相続の7割は、「長男」が土地家屋をはじめとする不動産、金融資産の多くを相続する「本家相続」。きょうだいで均等に分ける「均分相続」は3割ほどに過ぎない。ということは、円満な相続のカギは「長男=本家」が握っているのだ。これをやったらモメる「やってはいけない相続」とは? 円満解決する家族がやっていることとは? 本書では、長男はもちろん、それ以外の家族も知っておきたい「モメない秘訣」を、日本一相続を見てきた税理士法人が解説。40年ぶりに改正される新相続法に。

『やってはいけない「長男」の相続 日本一相続を見てきてわかった円満解決の秘訣』
税理士法人レガシィ・著

http://www.seishun.co.jp/book/20306/
ISBN 978-4-413-04549-0
新書判 192ページ
定価 896円(本体:830円)
初版年月日 2018年8月15日

【著者紹介】
税理士法人レガシィ(ぜいりしほうじんれがしぃ)
https://legacy.ne.jp/
累計相続案件実績日本一であり、専門ノウハウと対応の良さで紹介者から絶大な支持を得ている、相続専門の税理士法人。公認会計士、税理士のほか、宅地建物取引士を含め、グループ総数970名を超えるスタッフが、銀行・不動産の名義変更から相続税申告まで、すべての相続手続きをワンストップで対応する。


「いいね!」すると最新情報をお届けします。


ニュースレター


葬祭業専門ハイクラス人材サービス 登録受付中!


This article is a sponsored article by
''.