概要

一つの看取りを取ってみても、そこには患者さんを取り囲む様々の人が関わる。本人や家族のみならず、介護者や医療者を含めて満足度の高い看取りとはどのようなものか。臨床宗教師によるスピリチュアルケアや、施設での故人DVDの作成、遺族訪問など、当院や関連施設での取り組みを紹介しながら、看取りおよび供養につながる内容まで考察してみたい。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月22日(水)13:00~14:30
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)G会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

細田 亮 氏 (医療法人社団 豊寿会くぬぎ山ファミリークリニック 院長)

千葉大学医学部卒業。東京の総合病院での勤務を経て、総合内科専門医、血液内科専門医を取得後、2015年4月千葉県鎌ケ谷市にくぬぎ山ファミリークリニックを開設し、在宅診療に従事。施設や自宅における、より良い看取りを追求しており、非常勤で臨床宗教師を採用している。在宅診療以外には障がい者スポーツやAIDS問題、波動医学に関心あり。趣味はバレーボールと鉄道旅行。

詳細・お申込み


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.