概要

東京博善㈱は、民間火葬場として都内に6ヶ所の斎場(葬儀式場総数36式場・火葬炉総数64炉)を運営しています。人口集中が進む東京では、効率的かつ高度な火葬技術とともに、質の高い接客サービス水準が求められています。
首都・東京における最新火葬事情や2011年の東日本大震災時の東京都が行った支援火葬に協力したお話しをお伝えいたします。
「 ご遺体 広域火葬のあり方について 」の現状と課題をお伝えするとともに、災害時における斎場の役割について、少しでもお役立て頂ければ幸いです。

日時・会場

第4回エンディング産業展
2018年 8月22日(水)13:00~14:30
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)A会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

川田 明 氏 (東京博善株式会社 施設本部 副本部長)

1984年、東京博善㈱入社。
主に施設営繕を担当の後、老朽化の進んだ6ヶ所の当社火葬場全面建替工事を推進、実行した。
2011年の東日本大震災時、東京都が行う支援火葬に東京博善は全面協力、現場の陣頭指揮に従事。
2015年~2016年、葛飾区四ツ木斎場の2回目となる全面建替工事を完了。
2016年12月、四ツ木斎場稼働開始、現在に至る。

詳細・お申込み


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.