概要

●在宅におけるグリーフケアの現状と課題
●エンドオブライフ・ケアについて 苦しみ人への5つの課題
●葬儀社スタッフが知っておくべき、在宅医療に臨む患者・家族の状況と心理
 ~事前相談や葬儀に活かすために

日時

フューネラルビジネスシンポジウム2018
2018年 6月29日(金)13:00~14:10(70分)

受講料

8,000円

登壇者

菊池 祐子(医療法人 拓海会 大阪北ホームケアクリニック 院長/一般社団法人京都グリーフケア協会 講師)

しらやま・ひろと●1994年3月兵庫医科大学卒業。同年5月京都大学胸部疾患研究所・第1内科入局(現京都大学呼吸器内科)、95年6月大阪府済生会中津病院呼吸器内科勤務、2001年4月より大阪北ホームケアクリニック勤務、02年4月より同院院長、現在に至る。これまで在宅で1,000人以上の看取りに携わる。
日本死の臨床研究会近畿支部支部長、エンドオブライフ・ケア協会ファシリテーターなどの要職に就く。
日本在宅医学会・認定専門医、日本緩和医療学会・暫定指導医。

詳細・お申込

フューネラルビジネスシンポジウム2018


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.