概要

●70年ぶりの大改革「働き方改革法」が目指す方向とは
●厳格化される労働時間管理、休日管理への対応
●5日間の強制取得が義務化される年次有給休暇
●今後注意が必要な契約社員、派遣の扱い

日時

フューネラルビジネスシンポジウム2018
2018年6月28日(木)14:30~15:40(70分)

受講料

8,000円

登壇者

岩﨑 仁弥(株式会社リーガル・ステーション 代表取締役/NAC社会保険労務士事務所 主席コンサルタント/行政書士岩崎経営法務研究所 代表/特定社会保険労務士/行政書士)

いわさき・きみや●調和ある働き方と共鳴する職場づくりを目指す日本で最初の職場マイスター。関西大学社会学部を卒業後、人事・総務部門で10年間勤務したのち講師業に転身。2004年より『ビジネスガイド』『SR』『社労士V』(いずれも日本法令)の3誌で執筆を開始し、実務家から開業社会保険労務士まで幅広いファンを獲得する。「難しい法律も原理を押さえれば理解は簡単」をモットーに、労働時間管理や就業規則に関する諸法令をビジュアルにわかりやすく解説する。主な著書として、『(6訂版)リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル』『(5訂版)労働時間管理完全実務ハンドブック』(以上、日本法令)などがある。

詳細・お申込

フューネラルビジネスシンポジウム2018


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.