概要

●葬儀業界の今後の動向を見据えた時、なぜ働き方改革が必要なのか
●業務効率化と分業のあり方と断片化する顧客情報の取扱いと捉え方
●人財確保のために整えるべき労働環境と企業の考え方

日時

フューネラルビジネスシンポジウム2018
2018年6月28日(木)13:00~14:10(70分)

受講料

8,000円

登壇者

村本 隆雄(株式会社メモリアルむらもと 代表取締役)

むらもと・たかお●1972年生まれ。創業から57年。北海道恵庭市に本社を構える老舗葬儀社の3代目。91年むらもと入社、99年取締役、2010年代表取締役に就任する。恵庭市、札幌市、北広島市に葬儀会館「ウィズハウス」「香華殿」を11拠点に展開。ライフエンディングサービスの具現化を加速し、介護事業、飲食事業、供養・アフターサポート事業に及ぶグループの総統括を務める。
### 詳細・お申込

フューネラルビジネスシンポジウム2018


葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.