産経新聞社が発行する終活読本「ソナエ」編集部は、ラジオ大阪(大阪市港区、OBC、1314kHz)で4月からスタートした新番組「終活ラジオ ソナエ」に全面協力し、さまざまな終活の話題を提供すると発表した。

家族葬の普及など葬儀の簡素化や、納骨堂、樹木葬などお墓の多様化の時代を迎え、「終活」への関心は高まっている。

関西圏AMラジオのリスナー層は男女とも60代。まさに、自分自身や大切な人のために、「その時」への準備が必要になる世代といえるだろう。

番組では、「ソナエ」で紹介している記事をもとに葬儀、お墓から遺品整理、健康、相続など、終活全般について、毎回わかりやすく伝えていく。

終活ラジオ ソナエ

放送期間:平成30年4月14日スタート
放送時間:毎週土曜午前8時30分~8時45分(15分番組)

パーソナリティ:小池可奈氏(フリーアナウンサー)
        赤堀正卓氏(産経新聞社「ソナエ」統括部長)ほかソナエ編集部
放送形式:録音番組

画像: 小池可奈氏

小池可奈氏

終活読本ソナエ

平成24年創刊の終活専門季刊誌。年4回発行。葬儀・お墓・保険・遺言・エンディングノート・老齢資金の残し方…「死」をタブーにすることなく直視し、明るく生きるための情報をあらゆる角度から提供。お求めは全国の書店で。

ソナエ公式サイト
http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/

画像: 終活読本ソナエ

葬祭業専門ハイクラス転職[シンテンチ]


This article is a sponsored article by
''.